2012年05月21日

贈り物

【神様からのプレゼント】

現代の医療では治療法がない病気を持った女の子がこの世に生まれてくる前のお話。

神様が、これから生まれる子供たちに一つずつ、プレゼントを配っています。
それには『お金持ち』、『幸せな家庭』、『健康な体』などが書かれています。
子供たちは、自分の好きなものを神様から一つもらって生まれてきます。
その女の子は、ふと神様の足元を見ました。
そこには、神様が必死に隠そうしているプレゼントがありました。
... 『それ、なあに?』
女の子は神様にたずねました。
『これはね、とっても強い子にしかあげられないものだよ。
これを受け取った子は、とっても苦しい思いをしてしまうんだ。
でも誰かが受け取らなければいけないものなんだ。
本当に強い子にしかあげられないんだよ』
そのプレゼントには、『重い病気』と書かれていたのです。
『お願い、それ、私にちょうだい。ほかの子が苦しむなんていや。私、強い子だから。絶対負けないから』
そうやって女の子は重い病気を抱えながら生まれてきました。

私たちの生まれた後の人生も神様にお願いして、ようやくもらったものなのでしょう。
神様からもらった人生は一見、不幸に見えたり、辛いことに見えたりします。
それは、『優しい心になりたい』とお願いしたからプレゼントしてくれたのです。
自分がいまいる環境や身に起こることをすべて、
『これは自分が神様にお願いしてもらったプレゼント』
と受け入れると、本当の望みが見えてくるでしょう。



Posted by かぶラ~ at 21:09

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
<?=$this->translate->_('削除')?>
贈り物